教室案内 カリキュラム
(日程表と教室だより)
作品紹介 アクセス
(教室の所在地)
教室案内 授業日程 作品紹介 お問い合わせ
(メール)



阿佐ヶ谷駅北口より約徒歩8分の場所にある
子供のための造形教室大人向けの陶芸教室です。

詳しくは上部メニューより教室の紹介をご覧下さい。


教室情報 4月の教室便り 更新日時:2016/05/02 18:34:45
4月の教室便り※ クリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます。
 新年度が始まりました。
 
 入学・進級下子供たちが今月も元気に通ってくれています。その表情からか、急に背が伸びた印象の子もいます。
 この教室にも新しい友達が増えました。

 さて、今月の木工は「下駄作り」

○ まず板を足に合わせて着る、四隅の角を丸くします。
○ 下駄の歯のために別の角材を切り、板に釘で打ちつけます。
 ここで、アクリル絵具で模様を付けたり、絵を描いたり・・・。
○ 電動ドリルで鼻緒用の穴を3個ずつあけます。
○ 好きな色のスズランテープ(梱包用のひも)を編んで鼻緒を作ります。

○ 板に鼻緒を付けて、完成です。

早速履いて おっかなびっくりよちよち歩く子やもうしっかりカラコロと音を立てて歩きまわる子や、色々です。

 お家の方へ  履きなれないうちは、つまづいたり転んだりしがちです。どうぞ気をつけてあげてください。

せっかくの自作の下駄、楽しくはいて欲しいと思っています。

 「お道具箱」もたくさんの釘打ちをよく頑張って作っていました。
これから教室で自分のハサミ・のりなど入れて使いましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[下駄の話]

 「下駄?どの指を入れるの?ビーチサンダルと同じ?」
 「知ってる♪ 去年お祭りで下駄はいたもん!!」

下駄の認知度も、さまざまでした.今回、鼻緒も編んで自分でつけてもらうようにしました。
少しは身近になったかな?

 「昔は鼻緒が切れたら、それを新しくすげ替える仕事をしている人もいたのよ。」と ちょっと知識を披露したらあんまりびっくりされたので、「でも先生も生まれる前の話よ。」と 追加補正しておきました。
 
教室情報 3月の教室便り 更新日時:2016/03/23 11:04:40
3月の教室便り※ クリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます。
 3月 学年末も間近で子供たちにも心なしか、気ぜわしい雰囲気が感じられます。

 今月の「紙粘土での人形作り」は、犬・猫・カエル・ペンギン・恐竜・いるか・キャラクターなど色々出来ました。
 人形の他に、余った粘土でマカロン・クッキー・お団子・イチゴ・リボン等々、別のものを作って遊んででいる子もいました。
 
 粘土をやっているのを見ると、どの年齢の子でも、無言でひたすら手を動かし集中する時間があり、いまさらながらですが、手のひら・手の指で形を作っていくのは人間の本望的な感覚に近いのだと思えます。

 粘土作りの後に、その延長でビーズ遊びや布を使っての工作にどんどん発展して行ったのも、なんとなく気分が自由になったからか、と見ていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
「あゆみ」・・・・ 毎学期末に個人個人に渡す通信です。それの「教室の様子」の欄を掲載しておきます。

 今学期は寒い季節ですが、ほとんどの子が元気に通ってくれました。

 今学期2週続きの「織り物」は、細かい手作業で年の小さい子には難しいかなと心配していましたが、全員仕上げる事が出来ました。

 小さな子が頑張れたのは小5小4の年上の子が面倒を見てくれたからです。
数人の子が自発的に小さい子の 
 「糸がからまったトラブル」
 「ヘンな織り目トラブル」に対応してくれて
「こうすればいい。」
「こうやってごらん。」など教えてくれていました。この子たちも成長したなあと、ちょっと嬉しくなりました。

 もっともいつもこういう良好な友達関係ではないのも微妙なところではありますが・・。

 年齢差のあるうちの教室が子供達にうまくかみ合って、お互いの良い体験になってくれればと思っています。

 

戻る 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 | ← 過去の記事はこちら


随時入会受付中です。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせは
こちら


Copyright(C)2007-2012 M.Ogasawara
All right reserved.