教室案内 カリキュラム
(日程表と教室だより)
作品紹介 アクセス
(教室の所在地)
教室案内 授業日程 作品紹介 お問い合わせ
(メール)



阿佐ヶ谷駅北口より約徒歩8分の場所にある
子供のための造形教室大人向けの陶芸教室です。

詳しくは上部メニューより教室の紹介をご覧下さい。


教室情報 5月の教室便り 更新日時:2016/05/29 14:15:52
5月の教室便り※ クリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます。
 
 アートセミナーの新1年生達も最近徐々に落ち着いてきたようです。
みんな 元気の5月です。

 各曜日、いつもの月だと土曜クラスが生徒が多く金曜は少なめなのに、その逆だったり、また水曜に生徒が集中する週もありと、今月は流動的でした。
 でも、いつもは顔を合わせないお友達と一緒になって、また違う雰囲気での制作風景も新鮮に思えました。

「木の小枝のブロック」では、まず自然の小枝を約5cm~20cmに切っておきました。積み木のように同じ形は無くて、その中から何かをイメージして自分で作るのは大変だったようです。

「車のタイヤにするには太さが違うな~。」
「動物だと立たせる足の枝が変!!」
「これは何に見えるかな?こっち向き?あっち向き?」
「この枝、輪切りにしてみようかな?」

 小枝を木の幹に見たてて、葉を作って飾り、まわりに切り株・池・・草を置くことを思いついた子がいて、これは結構人気でした。
 
 その他、まわりが小枝の額縁、薄く切った羽根のフクロウ、車、動物など・・。綿(わた)やタイル、紙やスズランテープまで出してきてなんとか作ろうとしていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 下駄作りや縫い物、陶芸の様にある程度やり方が決まっているとかなり集中して頑張れるけれど,自由に自分でやっていい事には消極的な子もいます。
 
 自由に作る事にも、初めからどんどんやれる子はまれで、何回も体験して、失敗したり、良く出来たりの繰り返しでだんだん面白くなってくるものです。
 
今回の様な課題を通じて、自分のイメージを育てて行ってほしいと思います。
教室情報 4月の教室便り 更新日時:2016/05/02 18:34:45
4月の教室便り※ クリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます。
 新年度が始まりました。
 
 入学・進級下子供たちが今月も元気に通ってくれています。その表情からか、急に背が伸びた印象の子もいます。
 この教室にも新しい友達が増えました。

 さて、今月の木工は「下駄作り」

○ まず板を足に合わせて着る、四隅の角を丸くします。
○ 下駄の歯のために別の角材を切り、板に釘で打ちつけます。
 ここで、アクリル絵具で模様を付けたり、絵を描いたり・・・。
○ 電動ドリルで鼻緒用の穴を3個ずつあけます。
○ 好きな色のスズランテープ(梱包用のひも)を編んで鼻緒を作ります。

○ 板に鼻緒を付けて、完成です。

早速履いて おっかなびっくりよちよち歩く子やもうしっかりカラコロと音を立てて歩きまわる子や、色々です。

 お家の方へ  履きなれないうちは、つまづいたり転んだりしがちです。どうぞ気をつけてあげてください。

せっかくの自作の下駄、楽しくはいて欲しいと思っています。

 「お道具箱」もたくさんの釘打ちをよく頑張って作っていました。
これから教室で自分のハサミ・のりなど入れて使いましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[下駄の話]

 「下駄?どの指を入れるの?ビーチサンダルと同じ?」
 「知ってる♪ 去年お祭りで下駄はいたもん!!」

下駄の認知度も、さまざまでした.今回、鼻緒も編んで自分でつけてもらうようにしました。
少しは身近になったかな?

 「昔は鼻緒が切れたら、それを新しくすげ替える仕事をしている人もいたのよ。」と ちょっと知識を披露したらあんまりびっくりされたので、「でも先生も生まれる前の話よ。」と 追加補正しておきました。
 

戻る 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 | ← 過去の記事はこちら


随時入会受付中です。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせは
こちら


Copyright(C)2007-2012 M.Ogasawara
All right reserved.