教室案内 カリキュラム
(日程表と教室だより)
作品紹介 アクセス
(教室の所在地)
教室案内 授業日程 作品紹介 お問い合わせ
(メール)



阿佐ヶ谷駅北口より約徒歩8分の場所にある
子供のための造形教室大人向けの陶芸教室です。

詳しくは上部メニューより教室の紹介をご覧下さい。


教室情報 2月の教室だより 更新日時:2013/02/28 09:30:55
2月の教室だより※ クリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます。
 寒い日が続きました。
 
今月は「動物の親子の絵」でしたが、日ごろ描く動物の絵とはひとあじ違った感じの絵が多く見られました。

描いたのは、白クマの親子、ウマ、リス、ゾウ、シャチの親子など・・・。気持ちを込めやすかったのか画面全体が暖かいほのぼのとした絵になりました。 
 
子供自身が身近に感じる事が、とても大切だと再認識できて、面白く見ていました。
 
 「組ひも作り」幼稚園生から小学校高学年の子まで皆、10本のひもで平織りの組みひも(ミサンガ)を作りました。番号を書いた切り込みの台紙を使って、糸を1本1本移動して作ります。 
 
一度組み方を覚えてしまえばその繰り返しで、組みひもが少しずつ少しずつ組みあがって長くなっていきます。

組み方が分かるまでは四苦八苦ですが、一度理解できると続けるのが面白くなるようです。
一緒にやっているこちらは肩が凝ってしまいますが、子供達は年齢や男女の差もなくずーっとやり続ける子がほとんどです。中には、教室の時間中4時間ぶっ通しでやっている子もいました。
 
 
元来この様な手の作業、単純作業の繰り返しはとても大切な事と言われています。これを続けると、頭と手(身体)と心(気持ち)が自然にバランスの良い状態になっていきます。気持ちが穏やかに整ってきます。
 
お家では数時間やり続ける状況を作ることは大変かも知れませんが、子供達はその能力を持っています。たまに親子で静かなこんな時間を持てたら良いかも知れませんね。
教室情報 1月の教室便り 更新日時:2013/01/31 09:33:58
1月の教室便り※ クリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます。
 新しい年が始まりました。今年もよろしくお願いします。
 
 1月初回は「墨絵」、白い和紙に墨の筆を持って描きだす瞬間の緊張感が新しい年を感じさせます。
慎重に別の紙に試し描きをしてから、和紙に向かう子もいます。
 
 墨で描いてから水彩で色をつけましたが、お正月らしい門松・鏡餅・凧あげ・しし舞いから雪景色・冬休みに行った動物園など色々描けました・

 「タオル地でのお面作り」
 
 アートセミナーでも初めての試みでしたが、面白く取り組めたようです。袋状に縫ったタオルを実際にかぶってみて、自分に合わせて目の位置、鼻の位置を決めました。
 そしてヒツジ・ブタ・ネコ・ウサギ・犬・熊等、それぞれの耳や目、口をその動物らしく考えて作りました。
 
 節分間近なので、見本に鬼を作りましたが、子供達には人気がなかったようです。
 
 出来上がってかぶると「わぁ~かわいい~!」との周囲からの声、自分でも鏡をのぞいて満足そうな子や、顔全体を覆うので「暑い!暑い!」言いながらとお面を取る子など、にぎやかな教室になりました

戻る 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 | ← 過去の記事はこちら


随時入会受付中です。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせは
こちら


Copyright(C)2007-2012 M.Ogasawara
All right reserved.