教室案内 カリキュラム
(日程表と教室だより)
作品紹介 アクセス
(教室の所在地)
教室案内 授業日程 作品紹介 お問い合わせ
(メール)



阿佐ヶ谷駅北口より約徒歩8分の場所にある
子供のための造形教室大人向けの陶芸教室です。

詳しくは上部メニューより教室の紹介をご覧下さい。


教室情報 3月の教室だより・3学期の教室の様子 更新日時:2012/03/15 19:10:25
3月の教室だより・3学期の教室の様子※ クリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます。
「教室だより」
 
 3月にはいると子供達の会話の中にも「来年も一緒のクラスになれるかな?」「来年の担任〇〇先生だといいな。」「卒業式の練習が・・・。」などなど、学年末の雰囲気が感じられてきます。
 
 そんな中、3月は「割り箸・ベニヤ板の工作」「貼り絵」「写生(自由画)」と盛り沢山の内容でした。
 
 「貼り絵」は時計の文字盤を作りました。色や模様のある紙で数字を切り抜き時計の形に貼り付けます。「1を1個、2を2個、後は1個ずつ、全部で15個」と言って切り抜いていました。時計の外形は、丸形、四角形、動物(クマ、ネコ)の形、お家の形などでき、その中をお菓子(写真の切り抜き)で飾ったり水玉模様や星型で飾ったりしました。選ぶ文字の色、針の形、文字盤の色や形などでその子の感覚を感じられる物が出来たと思います。
 
「3学期の教室の様子」
 
 今学期、全体を通してみると教室で作品を作っている間に、静かで充実した時間を多く持てた気がします。勿論ぺちゃくちゃおしゃべりもあり、大声の会話や笑い声もあり、また歌を唄いながらの時もあるのですが、「アレッ」と気がつくと皆、黙々と針を動かしている、紙粘土で作っている、木を貼り付けている、紙を切っている・・・・という風でした。「この教室は静かで誰もいないみたいね。」といった事も随分あったように思います。
 手を動かす作業を淡々と続けると頭や感情、身体のバランスが取れてくると言われています。自然に心が作る事に向かっていくような教室の雰囲気作り課題作りを、これからも考えて行きたいと思います。

(尚、3月22日~3月30日まではアートセミナーは、春休みとなります。)
教室情報 2月の教室だより 更新日時:2012/02/28 01:25:19
2月の教室だより※ クリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます。
寒い日が続いていますが、皆に植えてもらったチューリッピの球根の芽も随分膨らんできています。

 「タンポ絵」 タンポとはテルテル坊主のような形で頭の部分に絵具をつけてポンポンとたたき色を着けるものです。今月のタンポ絵は型紙を作りその形をポンポンとうつして絵にしました。蝶々の形、星の形、きのこの形、水玉模様など・・。きれいに並べて仕上げる子、ポンポンするのが楽しくて何回も重ねて形をうつす子など色々でした。タンポ絵は色が濁らず、また筆で描く絵とはタッチが違うので独特な魅力が感じられたと思います。
 次の「紙工作」は何でも作って良い自由な課題でしたが、箱を作ったり、箱を開けるとお家や家具があったり、また箱の外側に布を貼ってペン立てを作ったりと箱の物が多く見られました。生徒の間でのはやりのようでした。

 また「紙粘土」の運動をしている人作りでは、サッカーでボールを蹴っているところや走っているところなど作れました。そして中に竹ヒゴや針金を入れてうまく立つ様にしました。低学年や幼稚園の子の中には、粘土をいじっているうちに恐竜やアザラシ、鳥、猫などの動物になった子もいましたが、それはそれで良いと思います。
というのも、粘土は触覚的、視覚的、感覚的に作る事を直接体感できる素材です。ほとんどの子が(年齢を問わず)モクモクと集中して取り組めるのをみても分かります。今回は小さい子には少し難しい課題でしたので子供達は自分流に作っていったのだと思います。
今週一人一人が粘土に集中している教室の中には穏やかな静かな時間が流れていました。

戻る 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 | ← 過去の記事はこちら


随時入会受付中です。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせは
こちら


Copyright(C)2007-2012 M.Ogasawara
All right reserved.